瑠璃色つらつら日記

日常のいろんな気付きやシアワセを書いています。映画、音楽、舞台、アニメなど、好きなもの多すぎて困っちゃう。

2台目のギターを迎え入れました

f:id:edinn:20210126162859j:image

半年ほど前から本格的に始めたギター。

そのギター↑の部品が最近壊れてしまいました。

6弦を調整するペグ部分が空回りしてしまい、ついに初めての修理に出すことに。

トータル点検してもらったところ、フレット部分も高さがバラバラになっていたらしく、この際きちんと全部直してもらうことにしました。

帰って来るのは2か月先。

めちゃ淋しい・・・( ;∀;)

 

 

因みに勘違いされないようお伝えしますと、このモーリスギター自体は10年ほど前に購入したもので、半年前までは触ったり触らなかったりを繰り返していました。

なのでここ半年間で壊すような使い方をしたワケでは決してなくて💦

 

 

めちゃ淋しい(さっきも言ったよ)

ギターは今の私にとって、自分の感情を表に出して解放する手助けをしてくれる存在。

私の中の膨れ上がった感情を難なく受入れ、音にして響かせてくれる相棒のようなものになっていました。

まあそれでも2ケ月くらい待つことは出来るけど、、、

でもその間、せっかく固くなった左指がまたもとの柔らかさに戻ってしまう、、、

恐らく感覚も鈍ってしまう、、、

たった2ケ月、されど2ケ月が勿体ない、、、

 

 

で、いろいろ迷った挙句、

新しい子を迎え入れることになりました。

f:id:edinn:20210126162957j:image

以前の自分なら、こんな贅沢な買い物は決してしなかったでしょう。

たまたまお金があったから買えたのだけれど、それ以上に時間を大事にしたい気持ちの方が大きくなっちゃいました。

お金はまた稼げば入ってくるけれど、時間はnever come backだから。

 

 

修理中のモーリスギターが確か4~5万で新品購入したので、同じくらいの予算を考えてました。

お店の人にいろいろアドバイスをもらいながら、結局購入したこの子は7万3千円(◎_◎;)

上手く乗せられた・・・・わけじゃないですね。

店員さんは決して押し売りしてないです(^_^;)

(それでもギターの世界で10万円以内は庶民価格なのです)

 

 

数万円の小ぶりなトラベル用ギターでも良かったのかもしれません。

でもたくさん試し弾きさせてもらう内に、自分のような素人にも好みの音や響きがあることに気付きました。

私の好みは重厚感のある音、胴鳴りの響きが重いギター。

からっと乾いた音や、軽やかな音じゃない。

まだ下手な自分が音にこだわるのはちょっと恥ずかしいけれど、でも妥協して安いものを買っても飽きるだろうし、お荷物になるだけ。

それはかえってギターが可哀そう。

モーリスと同等に扱える子を買った方がいいだろう。 

 

 

で、まさかのヤイリギターになりました。

憧れのブランド、自分には敷居が高いと思っていたヤイリでしたが、音、見た目、値段が自分の中で一番マッチングできたのが偶然にもこのヤイリでした。

逆にヤイリでこの値段はお買い得かも。

すごく素敵なギターを迎え入れることができて、とても嬉しいです。

 

 

自分の中ではモーリスは男の子、このヤイリちゃんは女の子、という感じ。

兄妹ですな(^^)

兄貴に負けず劣らず、木目調の素敵なボディ。

音だけじゃなく、ギターの見た目って大事だと思います。

モチベーションに繋がるものなのでね。

 

 

今回は結局ギターの自慢話になりました(笑)

もっと上達してからの話題もいつか載せれたらと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

うちの植物が教えてくれる私の感情の乱れ

今日は感情と波動についてつらつらと書いてみました。

 

 

私は昔から、よく花を枯らす人間でした。

部屋に置いても、すぐ花びらが落ちたり、葉っぱが茶色くなったり・・・

可哀そうなので、花を買って自室に置くことは避けていました。

植物って人間のマイナスエネルギーを吸い取ってくれるのだとか。

つまりワタクシ、相当良くないものを発してたということなんですかね・・・💧

(なんとサボテンまで枯らしたことがあります(*_*;)

 

 

しかし、うちには神棚があるので、榊だけはずっと飾っておりまして。

毎朝水を変える時、必ず4~5枚は葉っぱがパラパラと落ちていたのでした。

 

 

それが2ヶ月ほど前から、急に枯れにくくなったのです。

ちょうど、レイキヒーリングを学び始めた日と重なるので、それがきっかけではないかと思っています。

レイキヒーリングでは、呼吸法や波動を整える過程があるので、自分の波動に変化があったのかも知れません。

 

 

今この瞬間の思考、感情、そして潜在意識下に残っている重たいそれも、波動として人や物に伝わるもの。

波動とは電波みたいなものだそうです。

時々、会社でイライラしたり焦ったりするとPCがおかしくなることってありませんか?

(あるいは近くの人のPCがエラーになっちゃったり)

あれは、つまり人間の感情から出る波動も、そういう風に影響することがあるんじゃないかと思うんです。

人間同士でも感じることがありますよね。

言葉や表情にはっきり出さずとも、何となく相手から伝わる感情の機微みたいなものって。

 

 

だから今回の経験で、マイナス感情のケアは思った以上に重要なのだと気付きました。

植物や人や機械にも影響するなら当然、一番距離が近い自分の体にも物理的な影響があるはず・・・

悲しみ、恐怖、怒り、不安は、私たちが思っている以上に病気の種になり得るのかもしれない。

 

 

ただ、人間である限りマイナス感情はどうしても湧きおこるものなので、それを自分の中に溜めて放置せずに、解放して手放していくことが大事。

一度その感情を認め、真正面からそれと向き合う勇気や素直さが必要になる。

 

 

偉そうにのたまいましたが、かく言う私は子供の頃からマイナス感情の総合デパートみたいな人間でした。

色んな影響を受けたうえで、そうなったのだと思いますが。

しかも重度のHSP(HSS型です)。

なので恥ずかしながら、人並みな人生経験を味わえていない部分が多々あります。

それほど、自分の内面がおよぼす人生の選択肢への影響は、大きいということなのでしょう。

(そりゃ花も枯れるわけですワ) 

 

 

自分の中の重い波動をもっと軽くするには、まだ時間がかかりそうです。

でも、ここ数年間でその方法をいろんな人からたくさん教わることができました。

紙に書きだして燃やすもよし。

自分との対話形式で手放すもよし。

呼吸法や瞑想をするもよし。

ヒプノセラピーを受けるもよし。

自分に合っている方法でいい。

 

特に、どこでも手軽にできる「書く」という方法は、アウトプットになるし、文字にすることで冷静に客観視もできるので、単純ながら効果が高いと思います。 

(会社でムカついた時にも、こっそりやってます(笑))

 

 

とりあえず今は、植物を枯らしやすい自分から卒業することができて嬉しいです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

京都嵐山 祐斎亭へ行ってきました。

あけましておめでとうございます⛩

長らくご無沙汰してました。

数週間ぶりにしれっとブログ更新します(笑)

よろしくお願いします🌻

 

 

昨年暮れに、以前から憧れていた京都嵐山の祐斎亭さんへ行って来ました。

とても美しい場所だったのでお写真をシェアしたいと思います。

 

f:id:edinn:20201220231243j:image

阪急嵐山駅から渡月橋を渡り、左折してひたすら川沿いを歩きます。

祐斎亭さんは亀山公園というエリアの中にあります。

 

 

f:id:edinn:20201220231347j:image

f:id:edinn:20201220231406j:image

まずは川端康成が利用したというお部屋にて、お抹茶とお菓子を頂きました。

f:id:edinn:20201220231431j:image

f:id:edinn:20201220231513j:image

来客は少なく、ゆっくり過ごさせてもらうことができました。

所々、こうろ染をあしらった打掛が飾られており、色を添えていました。

f:id:edinn:20201220231534j:image

 

 

ここは御手洗いも見所なのです!

2つある内の、左側の方をパシャリました。

f:id:edinn:20201220231614j:image

なんと御手洗いに水琴窟が!

コロンコロンと美しい音がしました。

f:id:edinn:20201220231629j:image

 

 

 

多分、祐斎亭で一番有名なお部屋がここでしょう。まる窓の間。

f:id:edinn:20201220231715j:image

f:id:edinn:20201220231728j:image

f:id:edinn:20201220231746j:image

 

 

最後に、これは入口玄関に置かれていたインターホンとティンシャ!

好きな方でお呼び出しください、ということで、もちろんティンシャを鳴らしました(笑)

なかなか粋な楽しい計らい。

f:id:edinn:20201220231259j:image

f:id:edinn:20201220231831j:image

とても素敵なお屋敷でした。

染め物の体験も出来るようなので、また機会があれば参加してみたいと思います。

 

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いします。

三ノ宮中心街の穴場カフェ CHARMAN Cafe(シャルマンカフェ)

最近、ギター練習の帰りに立ち寄るお気に入りカフェがあります。

スタジオのすぐそばで、三ノ宮の中心街にも関わらず、あまり混んでいない穴場なのでご紹介したいと思います。

 

 

 

「Clefy(クレフィ)」という商業ビルの6Fにある「CHARMAN Cafe(シャルマンカフェ)」

今年2020年の6月にオープンしたばかり。

このビル1Fの「HARBS」はいつも混んでるけれど、2Fから上は中心街にしては結構空いているのです。

自分だけの隠れ家にしときたい、、、という本音はさておき^^;)

素敵なお店はぜひ応援もしたいので、その魅力をお伝えしてみたいと思います。

 

f:id:edinn:20201205145646j:image
f:id:edinn:20201205145642j:image

店内は主にグレー系で統一されているので、

ぱっと見はスタイリッシュ。

でもよく見ると椅子に木製家具が使われており、全体的に温かみを感じる雰囲気でした。

座っていてなんだか落ち着くグレーなんですよ。

 

 

最近注文したものです。

f:id:edinn:20201205145818j:image

・ホットコーヒー(400円 以下全て税抜です)

・キャロットケーキ(300円)

・アーモンドチョコドーナツ(190円)

 

紹介したくて(ホントは食べたくて)フード類を2個たのんじゃいました(笑)

ドーナツは小ぶりですが、生地がギュッとしまったハードタイプなので食べ応えがあります。

素朴な味と食感、きっと材料はシンプルなんだろうなと思い、パウンドケーキを一切れお持ち帰りしたら、やはり書かれていた材料に添加物類は一切ありませんでした。

手作り感満載、そしてめっちゃ甘さ控えめです^ ^

 

 

 

f:id:edinn:20201205145823j:image

この日は

・アボカドのホットサンド+ドリンクセット(800円)

ネイチャードーナツ(130円)

 

ホットサンドを食べたの久しぶりだわ。

アボカドたっぷりでとても美味しかった!

ネイチャードーナツとはプレーンドーナツのことです。

 

 

 

飲み物も食べ物も、素朴でシンプルに丁寧に作られている感じがしました。

こういうことから、働いている人の理念も何となく見えてきて嬉しいんですよね。

 

 

ここは男性も女性も、お一人様を見ることがよくあるので、どんな時でも気兼ねなく入りやすいと思います。

興味のある方は、近くに来られたら是非立ち寄ってみてください。

(テイクアウトもあります)

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

<CHARMAN Cafe(シャルマンカフェ) >

神戸市中央区三宮町1-4-3 clefy三ノ宮6F

三ノ宮駅から徒歩5分

11:00〜21:00(LO20:30)

https://www.instagram.com/cc_clefy/?hl=ja

京都へのプチトリップ写真集

秋は一年の中で最も旅への欲望がうずうずします。

旅に関しては、思いついたら即行動しちゃう。

それ以外のことではめっちゃ足踏みしますがっっ(笑)

このブログの更新も度々遅くなりスミマセン💦

というわけで、写真たちを紹介していきます♪

 

[実相院]

f:id:edinn:20201129105047j:image

f:id:edinn:20201129105055j:image

京都岩倉にある実相院に行ってきました。

メインの屋内は残念ながら撮影禁止。

なのでお庭だけパシャリました。

因みに1番の見所のお部屋は↓こんな感じです。

f:id:edinn:20201129105643j:image

ここのお部屋内には入れず、入口から座ってこの景色を眺める感じです。

小さくてささやかな寺院でしたが、とても厳かな気持ちになれました。

 

 

f:id:edinn:20201129123927j:image

f:id:edinn:20201129123943j:image

これは実相院近隣の風景。

瓦屋根に整列?している枯れ葉たちが可愛くて、思わずパシャリました。

 

 

[京都に日本初の直営店が!スタンプタウンコーヒー・ロースターズ]

f:id:edinn:20201129125213j:image
f:id:edinn:20201129125219j:image
f:id:edinn:20201129125209j:image
f:id:edinn:20201129125216j:image

烏丸御池駅からすぐのエースホテル1Fにあるカフェです。

本国アメリカでは、ブルーボトル同様スペシャルティコーヒーを扱うお店として有名だそう。

私は最近初めて名前を知りました。

東京にスタンプタウンの豆を扱うカフェは以前からあるそうなのですが、なんと今年6/11に直営店を京都に初出店!

まだコロナの影響が残っていた時期に、よくぞ関西へいらしてくださいました^ ^

 

周辺は「新風館」という商業施設のお店がたくさん並んでおり、歩いて眺めるだけでも結構楽しいです。

f:id:edinn:20201129135842j:image

f:id:edinn:20201129135856j:image

f:id:edinn:20201129135913j:image

f:id:edinn:20201129135923j:image

 

 

[ブルーボトル京都六角カフェ]

f:id:edinn:20201129140411j:image
f:id:edinn:20201129140414j:image
f:id:edinn:20201129140406j:image

せっかくなので、スタンプタウンコーヒーの近くにあるブルーボトル六角カフェにも立ち寄って来ました。

京都のブルーボトル店舗では、ここが1番リノベ前の町屋の雰囲気が良い感じで残っており、とても落ち着ける空間で気に入っています。

 

 

今回は写真をメインにと思い、文章は控え目にしました(のつもりです^_^;)

少しでも見てくださる方の目の保養になれば嬉しいです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

f:id:edinn:20201129144726j:image

 

 

お布団ソファなるものを作ってみました

最近、お布団で簡易的なローソファを作ってみました。

こんな感じ。

f:id:edinn:20201115214147j:image

うちはお布団を収納する押し入れの無いことがずっと難点でした。

かろうじて洋服用のクローゼットがあるのみ…。

なので仕方なくお布団は部屋の隅に畳んで、上から白いカバーを掛けて隠しておりました。

 

でも毎日この大きな布の塊を見ているうちに、いっそソファ代りにしちゃった方が良いんじゃね? と思ったわけで、、、

で、YouTubeで探したらありました!

お布団ソファの作り方動画が。


布団ソファー お布団アレンジで意識的に視界をすっきり  KUUKIの片づけ 収納#20

 

非常に簡単でした。

①敷布団をいつも通り三つ折りにする。

②冬用の掛け布団を好みのサイズです巻き状にし、両端をストッキングやベルトなどで巻いて留める。

③↑を敷布団の上に背もたれに見立てて乗せる。

④上から好きな布で全体を覆う。

以上です^ ^

慣れれば5分くらいで出来るようになります。

 

あくまでもお布団の上なので、座った時の沈み具合は普通のソファより大きいです。

また、高さが低めのローソファになります。

あまり高く積むと、恐らく崩れやすくなると思うので、低めサイズでふかふかな感触を楽しめる人向けですネ。

私は結構満足しています。

 

というのも、ソファ自体に憧れがありました。

でも広いお部屋じゃないと置けないじゃないですか。

なのでお布団ソファでも結構嬉しかったりして(はは、なかなか貧乏性ですわ^ ^)

 

このソファに座ると目の前には本棚が。

ここ数年、棚から出される頻度の少なかった本たち、でも捨てるに捨てれなかった、やっぱり大事な本たち。

彼らが一斉にこちらを見ている!

「読んで」「手に取って」と。

椅子や地べたに座るより、ソファの方が読書欲を掻き立てられていることに気付きました(私だけ?)。

そして傍にはサイドテーブルと空間照明のライトを置き、ちょっとしたカフェタイムも楽しめるようにしてみました。

 

正直、最近はPCに向かう時間が圧倒的に多く、読書からもおうちカフェからも遠ざかっておりました。

ひとつアイテムが変わるだけで、部屋での過ごし方が変わることってあるんですね。

 

布団を敷くのが面倒くさくなって、夜この上で猫のように寝てしまわないよう気をつけま〜す(笑)

多分昼寝はしちゃいますが。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

京都の蓮華寺(れんげじ)に行ってきました

額縁庭園が大好きで、京都の寺院をたまに訪れている。

今回また新たな穴場を見つけたので紹介してみようと思います。

 

八瀬の蓮華寺

地味でこじんまりとした隠れ家のようなお寺。

雨天だったので楽しめるかちょっと心配だったけれど、雨露にぬれた苔や紅葉は逆にとてもきれいでした。

雨の日でもまた別の顔が見れる場所って素敵。

しっとりとした時間と空間を堪能させて頂きました。

f:id:edinn:20201108152810j:image

表玄関はこんな感じ。

 

お庭の中は撮影禁止なので、お部屋の中からたくさん撮らせてもらいました。

f:id:edinn:20201108152849j:image

f:id:edinn:20201108153238j:image

人がいる方が絵になる気がして、知らない方を勝手にモデルさんに(笑)

f:id:edinn:20201108153515j:image

f:id:edinn:20201108154120j:image

f:id:edinn:20201108154214j:image

f:id:edinn:20201108160026j:image

f:id:edinn:20201108152544j:image

もう、いちいちきれいな空間ばかりで…惚れてまうやろ。

f:id:edinn:20201108154542j:image

f:id:edinn:20201108154608j:image

f:id:edinn:20201108154624j:image

 

本堂のお庭の苔が撮れず残念でしたが、しっかり脳裏に焼き付けました。

なんだかんだで肉眼レンズが一番優秀なんですよね(^.^)

 

八瀬は大原ほど遠くないので、比較的行きやすいと思います。

最寄りの三宅八幡駅(叡山電鉄)から徒歩10分ほどなので、興味のある方は是非行ってみてください。

JR京都駅からバスも出ています。

ひっそりとした場所でまったりとしたい方には、とても相応しい場所だと思いますヨ。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

f:id:edinn:20201108160159j:image

 

1年前に大原の宝泉院の額縁庭園を訪れたブログがあったので、関連記事として張り付けました。

こちらは夜間拝観で、また違った魅力が満載でした。

興味のある方は是非のぞいてみてください!

edinn.hateblo.jp