瑠璃色つらつら日記

日常のいろんな気付きやシアワセを書いています。映画、音楽、舞台、アニメなど、好きなもの多すぎて困っちゃう。

「土の香り」の世界についてつらつらと書いてみた

先日、とあるスターバックスリザーブ店にて期間限定のリザーブコーヒーを頼んだら、こんなテイスティングサービスを付けてくれた。

f:id:edinn:20201025171157j:image

 

注文したのはインドネシア・ウェスト・ジャバ」というコーヒー。

小さな紙コップに入っているのは、シナモンパウダー、キャラメル、チョコレート、ハチミツ。

各々をスプーンで口に含み、そこにコーヒーを流し込むと、そのフレーバーが楽しめるというもの。

リザーブコーヒーでこういうサービスを受けたのは初めてなので、とっても嬉しかった!

どれも美味だったけれど、個人的にはキャラメルとシナモンの組合せが一番好きかな。

 

 

インドネシア産のコーヒー(マンダリン、スマトラ、スラウェシなど)は、土の香りがほのかにして、それがとても気に入っている。

味覚用語では「アーシー(Earthy)」と表現するそうで、地球(Earth)から派生した言葉のようだ。

調べてみたところ、インドネシアでのコーヒー豆の精製方法「スマトラ式」の工程で、その独特の土の香りが含まれるようになるそうな。

 

 

気付けば「土の香り、風味」は、他にも好きなものが沢山ある。

例えば、お茶の世界ならプアール茶!

もうまさに「The 土」なお茶で大好き。

(苦手な方もいるようなので、そういう方にはスミマセン、スルーしてね)

 

 

それからゴボウレンコンも大好き。

ちなみにゴボウ茶というのがあるけれど、日本人にとってゴボウは丸ごと食べる方が親しみがあるので、きんぴらやみそ汁の具材にする方が好きである。

歯ごたえ満載な中に土の風味って最高!

 

 

そしてアロマテラピーの世界では、パチュリーベチバーなどが土っぽい香りである。

特にパチュリーは乳化させてからお風呂に1~2滴だけ入れると、まるで墨の香りのようにもなる。

学校の習字の時間に、教室に充満していたあの香りである。

習字は嫌いでも、あの匂いは日本人にとってとても落ち着くものなんじゃないだろうか。

興味のある方はアマゾンやアロマショップ「生活の木」などで入手できるので、是非お試しあれ。

 

 

この「土の香り」を好むことは、自分にとって本能みたいなものかもしれない、と思うことがある。

日本のように物質が溢れている国に生まれ育つと、いろいろ人工的で毒々しいものも好むようになるけれど、そんな中で「土の香り」って質素で地味、でも落ち着くのである。

これって体が本能的に何かリセットしようとしているのかなと思う。

なので「土の香り」には何か安心感や信頼感があるのだ。

 

 

 

皆さんも自分の好みの香りがあれば、意識して散策してみてはいかがでしょうか。

意外な分野に好みの香りが存在することもあり、とっても楽しいですョ。

嗅覚というのは人間の五感の中でも、一番早く脳の本能部分に到達する感覚らしく、本能的に好き嫌いにウソが付けないのだそう。

自分の本能が好きと感じるものを、たくさん探すのって素敵ですよね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

地下道の小さなエピソード

f:id:edinn:20201016224303j:image

f:id:edinn:20201016224401j:image

いつも通勤で利用している地下道。

 

ここではよく小さな子供にまつわるエピソードを経験する。

 

 

とある雨の日の通勤帰り。

地下道出入口の階段下から男の子の声が聞こえてきた。

 

「気を付けて帰るんだぞー」

 

見えてきた姿は、まだ小学校1年か2年の子。

小さな体にランドセルを背負って傘を差し、同級生の男の子とさよならをしていた。

彼の「気を付けて帰るんだぞ」は、なんというか、とてもさり気なくて、心のこもった響きだった。

小さいのに人を気遣う言葉がサラッと言えるって凄いな・・・。

しかし地下道の中でも傘をさしっぱなしだった姿は、やはり子供らしくて可愛かった^ ^。

 

f:id:edinn:20201016224551j:image

f:id:edinn:20201016224439j:image

また、とある出勤時のこと。

 

出入り口のアーケードを下っていると、どこからか子供たちの笑い声が聞こえてきた。

とても楽しそうに遊んでいる声が、トンネル中に響き渡っていた。

でも声は聞こえど、姿は全く見えず。

一体彼らはどこにいるのやら。

やがて地下道に入ってしまうと、声は聞こえなくなった。

 

実際は、近くの屋外で遊んでいたのだろうが、その時の自分には、まるで天使がどこかで笑っているかのように思えてしまったのだ。

出勤前にほっこりした出来事だった^^

 

f:id:edinn:20201016224517j:image

出勤時は大人たちでごった返す地下道。

さぞかし色んな念がこもっていることだろう。

私はほっこりエピソードの経験の方が多いけれど、ゾクゾクするエピソードも似合う場所である。

だから被写体としてもなかなか魅力的で、ついカメラを向けたくなる!

陰と陽のギャップ萌えというか…

(決してお化けが撮りたい訳じゃないです〜)

 

 

フランス映画など特に、地下道や地下鉄がよく出てくる気がする。

やはり色んな気配やエピソードが染み込んだ場所なだけあって、フランス人にも味わい深く映るのかも知れない。

 

 

地下道、なんか好きですね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

服を通り越してあふれ出す、人間の魅力について

f:id:edinn:20201005150602j:image

これは、毎日利用している駅構内にいるベッカムさんの広告。

(ちょっと歪んで撮っちゃった💦)

毎日この姿を横目に見ながら通勤している。

普通っぽいシャツ、普通っぽいGパン。

なのにめちゃカッコいい。

それは服を通して、着ている本人の魅力が駄々漏れしてるから。

私もシャツとGパンだけでキメれる女になりたい・・・このベッカムのような魅力を目標にと思い、いつも眺めている。

 

 

そして今日、電車の中で同じようなオーラをまとった人たちに出会った。

芸能人とかじゃなく、明らかに普通の一般人だったと思う。

 

途中の停車駅で乗車してきて、ちょうど私の真向かいの席に4人横並びで座った。

30代くらいのご両親と10代前半くらいの兄妹、という4人家族。

一見普通の恰好、普通の家族なのに、その人たちはハッとするくらい洗練された空気感を放っていた。

まさにいつも見ているベッカムのあのオーラ、有名人を目の前で見た時に感じる、あのエネルギーと同じだった。

なんとも言えない、不思議な目に見えない魅力に包まれた家族。

 

 

服装はいたってシンプルだった。

ユニクロやGUと思しき、ちょっとスポティーなファッション。

外面を装う感じは微塵もなく、身軽でラフな感じ。

でもシャツはシワひとつなく、着古した感もない、靴もきれいな白いスニーカー。

恐らくシャツはシワになりにくい素材と思われたが、そういう服選びをすること自体に品を感じた。

 

 

清浄さ、気品、自然体、安定したバランス、そんなものが一度に伝わってきた気がした。

恐らく、とても強くて高い波動の人たちだったのだろう。

いくら外面を保っても、内面が洗練されていないとああいう雰囲気は醸し出せないと思う。

存在感だけで説得力がある、ってこういうことなのだろう・・・。

しかも4人そろって同じ空気感なのだから、そこから伝わってくる大きくて暖かい連帯感もすごかった。

 

 

あくまで私個人の印象なので、もちろん彼らが平和ばかり感じてる人たちだとは思わないけれど。

 

それにしても何でこういう人たちが自分の前に表れたのだろう。

次は私の番、ってか?

(そう思っとけ(笑))

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

名古屋駅、熱田神宮近辺のお散歩写真

先日、実家愛知県へ帰省した際に、色んな懐かしい思い出の場所を散策したので、今回はその写真をいくつか紹介してみようと思う。

主に名古屋駅周辺、熱田神宮近辺である。

 

個人的には、まだ変わらずそのままである懐かしいものを、たくさん探し回るお散歩タイムになった。

 

f:id:edinn:20201003174343j:image

名古屋では有名なモード学園のビル。

今日の空にとても生えている。

 

f:id:edinn:20201003174415j:image

 

 

 

 

 

f:id:edinn:20201003174429j:image

昔あしげく通ったミニシアターへの道中。

この高架下の風景はあまり変わってない。

 

 

 

f:id:edinn:20201003174519j:image

このボロボロの壁と、錆びて歪んだトタン壁、そしてバックの空の美しさのギャップにキュンとなって撮ってみた1枚。

「車は入れない方がよかった」という意見もあったのだけど、これ、壁と空だけで撮ったら逆に面白くなくなる気がして、結局こういうアングルに。

空間を切り取るのってムズカシイな・・・

 

 

 

f:id:edinn:20201003174539j:image

名古屋駅のシンボル「ななちゃん人形

ななちゃんもちゃんとマスクをしていた!

 

 

 

f:id:edinn:20201003175848j:image

名古屋駅にいつの間にやらできていた「KITTE名古屋(きってなごや)」のビル。

こんなアートな休憩場所があったので、しばらく座らせていただいた。

 

 

 

f:id:edinn:20201003174714j:image

愛知県ではみんな知っている「明治村」が、アニメ「ゴールデンカムイ」とコラボイベントを!

行ってみたいけど時間的に無理だなぁ。

 

 

 

f:id:edinn:20201003174841j:image

古事記にも出てくる「熱田神宮」へ。

名鉄神宮前駅を降りて、すぐ目の前にある。

鎮守の森周辺は普通に都会なのだけれど、ここはいたって静かな異空間。

f:id:edinn:20201003174907j:image

f:id:edinn:20201003174915j:image

 

 

 

f:id:edinn:20201003174956j:image

熱田の森の中にあるカフェテラスで一服。

何処へ行くにもカフェ来訪は忘れない自分(笑)

とても素敵なアトリウムカフェだった。

f:id:edinn:20201003175203j:image

 

 

 

 

 

f:id:edinn:20201003175042j:image

道路に映る自分の影で遊んでみる。

もっと面白いポーズでもすればよかったな。

f:id:edinn:20201003175100j:image

 

 

 

 

 

f:id:edinn:20201003175335j:imagef:id:edinn:20201003175349j:image

f:id:edinn:20201003175406j:image

久しぶりに熱田名物の「きよめ餅」を頂いた。

昔からある老舗和菓子屋さんのお菓子である。

昔のきよめ餅は、この外のお餅がもっと薄く、中のこしあんがずっしりして、手作り感があった。

味は変わってないけれど、正直あの薄皮なきよめ餅が懐かしい。もう一度食べてみたい。

f:id:edinn:20201003175443j:image

 

 

 

 

 

f:id:edinn:20201003175527j:image

ここは昔、有名な開かずの踏切で地元民をさんざん悩ませていた場所。

いつの間にか歩道橋ができ、便利に・・・なったのかな?

歩行者はいいけど、車は完全に通れなくなってしまったようだ。

 

 

 

f:id:edinn:20201003175928j:image

 20代の頃、ひとり暮らしをしていた辺りを散策。

変わった部分と変わってない部分があった。

(住んでいたアパートは全く変わらずで結構ビックリした)

こうして歩いていると、当時自分が考えていたことが蘇ってくる。

ここに住み始めて5年後くらいに、体のバランスをガタガタに壊し、まともに働けなくなったのだった。

孤独感と、一人で居ることの気楽感と、色んな感覚が入り混じっていたと思う。

「自分、よう頑張っとったな」とねぎらってあげたくなった。

 

 

 私事なお散歩写真に、最後までお付き合いいただきありがとうございます。

更新頻度を上げれるように頑張ります~♬

 

実家近くの隠れ家的カフェ「天気輪の柱」

久しぶりに実家へ帰省した。

名古屋から私鉄で40分ほど行った阿久比(あぐい)というところ、結構のどかな場所である。

こんな感じ。

f:id:edinn:20200926180940j:image

この近くに、よく行くカフェがあるので紹介してみようと思う。

都会からはちょっと遠いけれど、足を運ぶだけの魅力のある隠れ家的カフェである。

f:id:edinn:20200926181111j:image

お店の名前は「天気輪の柱」(てんきりんのはしら)

宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」に出てくる造語がそのまま店名になっている。

命名の由来をマスターに聞いたことはないのだけれど、多分「銀河鉄道の夜」から取ったんじゃないかなと・・・。

というのも、このカフェ近辺の風景、結構な賢治ワールドっぽい雰囲気なのだ。

花巻に負けないくらいかも。

特に線路沿いとその周囲の田園風景は、なかなかいい感じである。

写真でどこまで伝わるか・・・

f:id:edinn:20200926181208j:image

f:id:edinn:20200926181233j:image

f:id:edinn:20200926181340j:image

f:id:edinn:20200926182352j:image

 

入口右手にはこんな文言の小さな看板もある。

「駐車場は実は裏側にもあるんです」

このちょっと笑いを誘う文章の書き方がいい・・・(笑)

で、これが裏側の駐車場。 

f:id:edinn:20200926225307j:image

 

 

ここのマスターは一見寡黙でサバサバしているが、この看板やメニュー表の書き方からして、かなりユーモアのある人だと思う。

(実は会話らしい会話をしたことはないのです。人によっては無愛想と思うかもしれませんが、実際はそういう方ではないです。ただ、お店以上にマスターの方が隠れ家的なだけのよう(笑))

 

f:id:edinn:20200926181851j:image

f:id:edinn:20200926181906j:image

この大きな窓がまるで車窓のようで、なかなか良い感じ。

 

f:id:edinn:20200926182200j:image

この日はレギュラーコーヒー350円を注文。

コーヒーの種類は他にも沢山ある(イレギュラーコーヒーなんてのもある!)。

他に中国茶なども置いてあり、ドリンク類フード類共にとても充実している。

それをマスターひとりで切盛りしているのですごい(なので、ちょっと待たされることもあります)

お値段はとてもリーズナブルで、ランチセットも1000円以内で頂けるものがある(カレーライスやオムライスなど)

 

 

営業時間は8:30~宵の口だそう(笑)

お客さんがはけたらテキトーな時間に終了、なのだろうか。

童話の匂いとユーモアが漂う、独特な個性のカフェである。

 

 

正直、この近辺にはめぼしい観光地がない。

それどころか、周りは田んぼばかりで、結構ホントに何もない・・・(笑)

なので、逆に何もない場所でコーヒー片手にのんびりしたい人、宮沢賢治の世界が好きな人には、とてもおすすめである。

一人でも、友人家族でも、ゆったりくつろげる魅力的なお店なので、興味のある方は是非どうぞ!

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 <天気輪の柱>

 愛知県知多郡阿久比町卯坂坂部39

 0569-48-8027

 アクセス:名鉄河和線の坂部駅から徒歩2分

 営業時間:8:30~宵の口

 不定休(日祝は営業してます)

 

↓ HPは無いようですが、FBにファンサイトのようなページがあったのでシェアさせてもらいました。
m.facebook.com

 

病み上がりブログ、ちょっと視点がラリってるかも・・・

さっきまで、頭痛と吐き気でへたばっていた。

土日をほぼ布団の上で過ごすことになってしまった。

もったいない休日・・・。

 

 

たまにやって来るこの頭痛と、まだうまく付き合えずにいる。

私の体は、精製された小麦粉、白砂糖、乳製品などを普通の人並みに食べると、アレルギー反応や頭痛として出てきてしまう。

多分今回も、何か油断して食べてしまったのだろう。

ヴィーガンの方が体に負担がかからないのだろうけれど、まだそこまで食を変えれずにいる。

(なので風邪症状とかじゃないんです)

 

 

数日間経つと自然に頭痛は治まるのだけれど、明日が仕事なので今回は頭痛薬に頼ることにした。

飲んでから30分ほどで効果が表れた。

数日間苦しんだのがウソみたい。

EVEクイックさん、ありがとう。おかげで楽になったよ。

ふだんあなたにはあまり頼らない様にしているのだけれどね。

でも、もともと真面目気質の私には、あなたに頼らず「頭が痛いので休みます」と会社に言う勇気が出なかったよ。

(真面目だね、えらいえらい。でも徐々にそういう自分、卒業して行こうな(笑))

 

 

それにしても病み上がりの感覚というのは、嵐の後の凪のように素晴らしい。

生きてるだけでありがとう、という気持になる。

 

 

起きてから、まずは軽くお部屋をお掃除。

そして、自分の趣味が並んだ棚にふと目が留まる。

何となく撮りたくなりパシャる。

こんな感じ・・・

f:id:edinn:20200913185718j:image

 

右から、大好きなアニメ「K」のキャラクタースタンド。

ヨーロッパの街並みの置物。

大島弓子の漫画「綿の国星」のチビ猫。

画家の藤田嗣治さんの人形。

今年観た奇想天外な映画「ザ・ルーム」のチラシ。

九州の山鹿灯籠

(興味のない方にはスミマセン)

・・・どれも自分の好みばかり、なのに共通点がほとんどないことに笑えてきた。

私の頭の中はこんなにもカオスでおめでたかったんだ、と改めて気づいた。

 

 

そして、台所には一昨日購入した無農薬野菜が! これもパシャる。

f:id:edinn:20200913185747j:image

 

半額ではあるけれど、まだ元気そうだったので購入した。

無農薬、化学肥料不使用、こういうお野菜を食べれるのってホントありがたい。

頭痛でほとんど動けなかった昨日、このサツマイモを蒸かして頂いた。

大幅に手間を省いて食にありつけた。

人参もまだ青臭さが十分残っているので、スライスしてサラダにすると美味かろう。

 

 

そしてその足で最寄りのスタバへ。

今日の残りの時間を使って、このブログを書いている。

先週更新できなかったので、今週は何とか書きたかった。

しょーもない内容だけれど書けて良かった。

 

 

というわけで、病み上がりで視点がラリってるかも知れません、ゴメンナサイ。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

最近の神戸街角風景にコメントを少し添えて

その1、空の色の変化について

f:id:edinn:20200824082426j:image

f:id:edinn:20200830144642j:image

夕陽が沈む辺りの空の色が、子供の頃から好きだった。

このオレンジ ⇔ 青へ変わる部分、

境目は一体どこなの?とか、しょーもないことを考えるのが好きだった。

オレンジから青だよ。

これを水彩絵の具で真似しようものなら、汚く濁るだけだろう。

自然の生み出す色には敵わない。

 

 

 その2、カフェにて

f:id:edinn:20200830144656j:image

神戸にあるスタバ中山手通2丁目店にて。

ここは他店とはちょっと違うメニューが頂ける店舗。

私の座った辺りの木漏れ日があまりにきれいだったのでパシャリ。

この光に包まれながら頂きました。

 

 

その3、どしゃ降りの雨の中、何を思う

f:id:edinn:20200830144747j:image

元町商店街を歩いていた時に見かけた光景。

どしゃ降りの雨の中、傘を差したまま佇んでいる女性がいた。

女性は全く動かず、目の前の人工の滝をずっと眺めていた。

座っている椅子も当然びしょ濡れだっただろう。

雨の中ひとり何を思っていたのか。

濡れたレンガの石畳の中に浮かび上がる白い傘と後ろ姿が印象的で、ついパシャってしまった。

 

 

 

 ささやかですが、最後まで読んで頂きありがとうございます。